書評

『嫌われる勇気』これからも人々の支えとなる一冊

2021年11月6日

嫌われる勇気 感想

ベストセラー本『嫌われる勇気』。

表紙に発行部数252万部と書かれており、数千部以上でヒット作品と言われる中、驚異的な売れ行きを誇る本です。

本の内容は、アドラー心理学を、哲人(教授)と青年という二人の人物が対話形式で解説していきます。対話形式をとることで、難解な内容であるアドラー心理学が読みやすく、理解しやすく作られています。

そもそもアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、シンプルかつ具体的な“答え”を提示し、「今すぐ」変わるきっかけを与えてくれます。ただし、変われるかどうかはすべては読者自身に委ねられます。

例えば、『嫌われる勇気』というタイトルをどのように受け取りましたでしょうか?こうした逆説的で常識を疑ったメッセージは、本作中にもたくさん書かれています。

  • 「あなたの不幸は、あなた自身が選んだもの」
  • 「人は常に変わらないという決心をしている」
  • 「他者の人生を生きるのではなく、自分のために生きる」
  • 「承認欲求を否定する」
  • 「自己肯定ではなく、自己受容」

どれも、「えっ、そんなことはない!」と反論したくなる内容ではないでしょうか?
しかし、この中に一つでも気になるメッセージがあれば、手にとって読んでみることをおすすめします。

なぜなら本の中の青年の反応が、まさにそうした読み手の反応を表しているからです。

読み進めていく中で青年の意見は、まるで自分自身の意見のように感じてくるかもしれません。だからこそ読みながら納得できないことも多くあることでしょう。

例えば、他者の期待を満たすように生きることを否定すること、つまり承認欲求を否定する内容はその一つかもしれません。しかし、本書では自分の道を他人に決めてほしいと願っている内は、幸せになることは難しいとはっきりと答えます。

「嫌われる勇気」がこれほどまで売れている背景には、そうした他者のことばかりを気にする世の中になっていることを示唆しているかもしれません。

今の世の中は、普通に生活をしているだけであらゆる情報が目に付き、他者の世界を簡単に知ることができます。その中で、自分の道を自分で決めて生きること、また生きてると実感することは難しく、自ら進んで悩む言い訳を作り上げてしまっているのかもしれません。

しかし、これからの社会は、他者による情報だけでなく、AIが人々の道をアドバイスする世界へと益々、加速していくことでしょう。そんな社会へと変わりつつある中だからこそ、幸せに生きるための知恵に富んだ本書は、これからも人々の支えとなる一冊としてこれからも読まれ続けるのではないでしょうか。

created by Rinker
¥1,188 (2022/06/29 23:00:19時点 Amazon調べ-詳細)

日経にも取り上げられた読書会が2年ぶりの復活!現在申込み受付中

読書会

-書評

Copyright © BOOKLIFE , All Rights Reserved.