ブログ

新聞の切り抜きが楽しくなるコツとファイリング【道具紹介付き】

新聞 切り抜き

こんにちは、みたっくすです。

booklife(ブックライフ)では、「本のある生活」を目指したい人向けに、本と触れ合うきっかけや本のある楽しい日常を発信しています。

突然ですが、貯まる雑誌や新聞に困ってませんか?

かと言って捨てたくない内容が書いてあるから捨てられない、また保管するにも写真やスキャンはなんか違うんだよなぁと思う気持ちもあるかもしれません。

そんな時は「切り抜き」して「ファイリング」する選択も考えてみてはいかがでしょうか?

DXが叫ばれている中、アナログ作業なんて手間も時間もかかるし、面倒だなぁたと思われるかもしれませんが、しっかり環境を整えて続けるてみると不思議なほど楽しくなり、得れるものもたくさんあります。

得れるもの

  • 「個性」や「強み」に気づき、伸ばすことができる
  • オリジナルのキュレーション本が作れる
  • スペース確保。捨てることが怖くなくなる
  • ボケ防止

片付ける仕組みができると無意識に住まいに感じているストレスもなくなりますし、やはり自分で選んだもの物に囲まれた生活は格別です。

今回はファイリングすることが楽しくなるコツとその仕組みを作るための道具まで紹介させていただきます。

切り抜くこと が大事

ファイリングと言われると、バラバラだった書類を整理することを想像すかもしれませんが、一番大事だと思っていることは、切り抜きすること、つまり興味関心事を形として保管することにあると思っています。

そして、興味・関心を大切に育てることは、「個性」や「強み」を伸ばすことに繋がります。

例えば、新聞や雑誌などで世の中で起きていることを知り、「これは興味ある!」「これ面白そう!」「もっと知りたい!」と思ったことも初めのうちは一つの「点」でしかはありませんが、それらが溜まっていくとつながりが出てきて、いずれ「面」となり、大きな意味を生み出します。

例えば、1か月前のことを振り返り、あの時はあんなことに興味があったんだと気づくこともあれば、1年間もずっと興味を持ち続けていることがあるなど客観的に自分が見えてきます。そうした気づきの中で、もっと知りたいことがあればそれこそ書籍の出番となるでしょう。

物事を深く理解するうえで書籍ほど素晴らしいツールはないですよね

また成果として一つのファイルがいっぱいになった時は、まるでキュレーションされたオリジナルの本ができたようにも感じます。

誰もがオリジナルのものを作りあげることに楽しみを感じるのではないでしょうか。
きっと一つのファイルができる頃には、そのプロセスで得た気づきを、周りに話したくてウズウズしているかもしれません。

特にアイデアは人に聞いてもらいたいもの

切り抜きとファイリング道具の紹介

ファイリング道具

ファイリング作業を始めようとしても、ランニングと同じで最初は辛いとか面倒だも感じるのも事実です。だけど続けるほど楽しくなってくるものなので、習慣になるまでが大事だと考えています。

正直、切り抜きはしていたけど、ファイリングせずに箱にしまっているような時期もありました。この状態が駄目というわけではありませんが、やはりファイルにまとめると振り返りやすいですし、整理整頓されていることでのメンタル面の満足度も全然違います。

やはり自分で選んだもの物に囲まれているのは格別なんですよね。

そのために2020年は色々と楽しく続けるための試行錯誤をして、今では仕組みもほぼ完成して、習慣化されました。

そのきっかけは、家(オフィス)にいる時間が増えたという環境の変化もありますが、道具を一式見直したことが大きかったです。

そもそもハサミで切り抜いていた頃は、きれいに切れないことに不満を持ち、さらに雑誌でも新聞でもページの中心部分を切り抜く際などは、ストレスを感じていました。

その後、カッターに変えたもののそもそも安物だったからかうまく切れないことに苛立ち、ときには力を入れすぎて机を傷つけたりと、今では考えられないような作業を繰り返していました。

それがカッターをはじめとしたファイリングに必要な道具を見直していくと小さなストレスが次々と減り、スムーズに切り抜きからファイリングまで行える環境へと劇的に変化しました。

よい道具との出会いは、その役割りを果たすだけでなく、やる気までも上げてくれるのだと感じたものです。

以下では2020年末時点でのファイリングに役に立つ道具として使用しているものを紹介します。

OLFA(オルファ)キリヌーク 209B

OLFA(オルファ)キリヌーク 209B

1枚切りできるカッターです。
そもそも1枚切りできるカッターの存在を知ったときは衝撃をうけました。

美術系の人からは、知らないことに驚かれました。。。

正直、本当に1枚だけ切れるの?と疑っていましたが、いざ使ってみたら本当に1枚だけ切り抜かれていてビックリ。

本体に内蔵されたバネが刃の圧力を一定に保つため、チカラ加減に左右されない安定した一枚切りを可能にしているとのことです。

ちなみに他のメーカーからも1枚切りできるカッターが出ている中、なぜオルファ社のカッターを選んだかというと、美術学校出身の知り合いから「オルファ一択でしょ」と迷わず言われたのが理由です。あっ、そうなんだと。。。

オルファ社は、世界で初めてカッターナイフを発明したメーカーです

友人の助言はきっと正しかったのでしょう。実際に1年近く使っていますが、見た目はスリムで洗練されていて、替刃を内蔵できる構造などデザイン面にまったく無駄がありません。

ぜひ、試してもらいたいカッターです。

ウチダ 直線定規 45㎝ 溝引・目盛付

ウチダ 直線定規 45㎝ 溝引・目盛付

カッターと合わせて美しい切り抜きに欠かせない定規。
当たり前ですが、カッターと定規を組み合わせればまっすぐにきれいに切れます。

新聞や雑誌のページ内を切り抜く際も1枚カッターを組み合わせれば対象箇所だけきれいに切り取れます。

ウチダ 直線定規 45㎝ 溝引・目盛付

ただ定規といっても種類がたくさんありますよね。長さに厚み、素材も大事です。

切り抜きをする媒体に合わせのが基本で、新聞・雑誌をメインで考えるなら45cmの長さをおすすめします。この長さならA4サイズなど余裕をもちながらワンカットできるのが理由です。また透明素材のほうが透けて見えるので失敗が減るので良いでしょう。

また切り抜きする媒体を抑える役割も担うので、一定の厚みがある方がよいです。
試行錯誤した結果、今はこの定規を使っています。

これまで使ってきた定規の中では、カッターの刃が定規に刺さってしまうケースもあったのですが、今のところこの定規ではそのようなことがなく使えています。

ウチダ スケルトンカッティングマット SS ホワイト

ウチダ スケルトンカッティングマット SS ホワイト

OLFA キリヌークを使ってから使用頻度は落ちましたが、1枚ペラのものを切り抜く際には机を傷つけないためにもマットは必須です。

こちらに関しては、スケルトンカッティングマットを使っています。

長年、切り抜き以外のカッター作業の際にも使っていますが、机に対して滑らず安定していますし、他の工作作業にも使うことができます。
こちらもサイズ感はA4~A3まで自由に対応できる幅45cm×高さ30cmが使いやすく、1枚持っておくと便利な道具です。

コクヨ テープのりドットライナー

コクヨ テープのりドットライナー

切り抜いた記事を、A4用紙に貼り付けるために使用しています。
一方で液体のりはベタついたり、紙がフニャるのでファイリングにはおすすめできません。

KOKUYOのテープのりは、とにかく安定性が素晴らしいです。この手のものはテープの先が壊れやすかったり、テープの巻取りがおかしくなったりして、最後まで使えないことがあるのですが、KOKUYOのドットライナーに変えてからそのようなことはほとんどなくなりました。

力を加えなくても、すーっと糊を均一に最後まで貼れるのも当たり前のようで当たり前でないことが多いだけに信頼の商品です。

コクヨ テープのりドットライナー

当然、替えテープも売っていますので、セール時や世界堂に行ったときに買いだめして置くと良いでしょう。

アスクル「リングファイル A4タテD型4穴背幅41mm」&モノイレリフィルシリーズ

アスクル「リングファイル A4タテD型4穴背幅41mm」&モノイレリフィルシリーズ

2020年に、切り抜き用ファイルを始め、あらゆるファイルをこのファイルへと刷新しました。それほどお気に入りの商品です。

ポイントは、4穴と開き防止ストッパー付きです。

まず4穴だとリフィルのファイリングがしやすく、安定性があること。

アスクル「リングファイル A4タテD型4穴背幅41mm」&モノイレリフィルシリーズ

リング穴の数は、2穴だと抜き差しはしやすいのですが、安定性に欠けます。一方で32穴だととにかく入れるのが面倒です。その点において4穴は抜き差しもしやすく、安定するという最適解なのです。

そして、収納量が増えて重みが出てきても開き防止ストッパーによって安定して保管、持ち運びができるのもso goodです。

他にも背表紙のところに穴が開いてるので、指をかけて取り出しやすかったり、きもち高さ、幅ともにA4ファイルより長い点、100枚入る厚みが絶妙だったりを褒めたらきりがありません。

ファイルが並ぶ姿も整然とした印象になり、ファイルを増やすことすら楽しみになっています。

もっと詳しく

ブラザー ラベルライター ピータッチキューブ PT-P300BT

ブラザー ラベルライター ピータッチキューブ PT-P300BT

仕上げにやっておきたいのがラベリング。

機能としてファイルにラベルを貼ると迷うことなく探すことができます。
このラベルライターはスマホから簡単操作できて、絵文字もあるのでちょっとしたアクセントのある表現ができる点が気に入っています。

ちょっとしたことなんですけど、ラベルを貼るだけでファイルの印象が変わります。
片付けの仕上げにおすすめです。

ついつい放置しがちな雑誌や新聞かもしれませんが、ファイリングの意識を持って接してみると「個性」や「強み」を伸ばす道具に変わります。もしかしたら読み方すらも変わるかもしれません。

これからは読むだけでなくファイリングも楽しんでいきましょう!

-ブログ

Copyright © BOOKLIFE , All Rights Reserved.