広告

京都のブックオフとタワーレコードの姿から見える本や本屋の形

京都 ブックオフ タワーレコード
みたっくす

こんにちは。みたっくす(@book_life_net)です!

今回のエピソードでは、京都の河原町にあるブックオフとタワーレコードを訪れ、両店の対照的な状況から見る中での気付きについて話しました。

ブックオフプラス 河原町オーパ店では、2023年11月リニューアル後に本の売り場面積が縮小する一方で、アパレルやトレーディングカードなどの売り場が拡大していました。一方のタワーレコードでは、レコード売り場が大きな割合を占め、K-POPによる新しいアルバム形態「SMini Ver.」の販売も活況でした。

両店での体験から、本や音楽を購入したり所有することの楽しさや喜びにフォーカスし、本屋の未来を模索する示唆について触れています。

詳しくは以下からぜひ音声での解説を聴いてみてください。

#88 京都のブックオフとタワーレコードの姿から見える本や本屋の形

今回のトーク内容

本の未来を考えるポッドキャスト『booklife radio』。今回は下記のテーマでお話しました。

今回のトーク内容

  • 音楽産業の変化と未来性について
  • デジタル化と所有体験の楽しさ
  • 音楽産業のデジタル化と店舗の変化
  • ブックオフとタワーレコードの未来性
  • 音楽シーンから学ぶ

Apple Podcastやyoutube、Amazon Musicでもお聴きいただけます

ApplePodcasts

みたっくす

ポッドキャストアプリ側(SpotifyでApple Podcast)で「フォロー」を押すと、新着エピソードを定期的に受け取ることができるようになりますよ

日経にも掲載された読書会が復活!

読書しない読書会
  • この記事を書いた人

みたっくす

本のある暮らし応援メディア「booklife」運営者。 podcastでは本のある生活を中心に、本に纏わる話から本の感想、本の未来に関する考察を発信しています。月に一度「読書しない読書会」を開催しています。

-podcast